つつむ 比較

つつむとアヤナスの違いは?比較してみた!

ディセンシアのつつむとアヤナスは、両方とも人気の化粧品シリーズですが、何が違うの?やどっちがいい?と疑問の方も多いと思います。
そこで、つつむとアヤナスを比較してみました。

つつむの特徴を検証

つつむの特徴を検証
つつむは、敏感肌のバリア機能を徹底サポートする化粧品シリーズで、外部刺激ブロックや徹底保湿にこだわった成分構成になっています。

どんな人に向いているの?

つつむは、粉を吹くほど乾燥肌の方やアトピーの方、敏感肌の方、薬を使いたくない方に向いています。
その為、自分の肌に合う化粧品が中々見つからないという方におすすめで、保湿ケアに特化するには理想的な商品です。

どんなラインナップがあるの?

つつむシリーズは洗顔フォームや石けん、化粧水、クリームなどが主なラインナップで、公式サイトを利用するとトライアルセットで一通りお試しできます。

つつむの代表的な特徴

肌の潤いを保つには、外的刺激のブロックと保湿に必要な成分を補給する必要があります。
つつむには、保湿に働きかけるアミノ酸が5種類も配合されているため、根本的な部分から乾燥肌対策に期待できます。

アヤナスの特徴を検証

アヤナスの特徴を検証
アヤナスは、つつむ同様に乾燥肌や敏感肌の方におすすめな化粧品で、プラスエイジングケアにもアプローチします。
また、ストレスによる肌ダメージにも着目しているため、アヤナスは色々な角度から美肌ケアに働きかけます。

どんな人に向いているの?

アヤナスは、エイジングサインが気になる方や乾燥が気になる方、肌のハリ・弾力が気になる方、毛穴のたるみが気になる方に向いています。
基本的にエイジングケア全般にアプローチするため、乾燥による小じわが悩み!という方にもおすすめです。

どんなラインナップがあるの?

アヤナスは化粧水や美容液、クリームなどのラインナップがあり、公式サイトのトライアルセットを利用すると一通り試すことができます。

アヤナスの代表的な特徴

アヤナスの化粧水にはセラミドナノスフィアが配合されていて、肌の奥まで潤いを届けます。
また、糖化ケアにアプローチする美容液は、黄グスミやたるみ毛穴に働きかけ、クリームは肌にハリや弾力を与えます。
アヤナスは芸能人愛用者が多いことでも有名で、使用用途はエイジングケアが主流です。

つつむとアヤナスの特徴を比較!

つつむとアヤナスの特徴を比較!
つつむとアヤナスは、それぞれ魅力的な特徴があるので、どっちがいいという比較はできません。
その為、自分の肌や目的に合うのはどっちかという選び方がおすすめです。

保湿効果を比較

つつむとアヤナスの保湿効果を比較すると、つつむの方が保湿力に優れています。
ただ、保湿効果が高い分サラッと感が少しなくなるので、ベタつきが苦手な方は使用量を減らすなどの調整がおすすめです。

美容成分を比較

アヤナスはエイジングケア成分も配合されているので、つつむより美容成分は豊富です。
しかし、肌にハリを与えるには保湿が大切なポイントになるため、保湿力に優れたつつむはエイジングケアにも期待できます。

つつむとアヤナスを比較してみた結果、エイジングケア重視ならアヤナスが理想的で、とにかく保湿したい方や肌の状態に悩みがある方はつつむがおすすめです。

つつむの口コミを見ても、保湿効果を期待して始めた方が多く、効果を実感している感想がほとんどです。

まとめ

まとめ
つつむは、敏感肌の方や乾燥肌が気になる方におすすめな化粧品で、アヤナスは乾燥肌が気になる方やエイジングケアをしたい方に向いている化粧品です。

例えば、肌の環境を整えてからエイジングケアしたいという場合、最初につつむを使って対策するというスキンケア方法もおすすめです。

ただ、両シリーズ共に特徴があるので、自分の肌に合わせた選び方が大切なポイントです。

花粉2品【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット