敏感肌に関する記事

敏感肌のスキンケア方法と注意点は?

敏感肌ならお肌にやさしいスキンケア方法をするのがおすすめです。
また、化粧水や乳液などのスキンケア化粧品も、刺激の少ないものに変えなければなりません。
ここでは、敏感肌の方におすすめのスキンケア方法や生活習慣の注意点についてご紹介します。

敏感肌のスキンケア方法とは?

あなたがもし敏感肌なら、お肌の乾燥を防ぐスキンケアがおすすめです。
ここでは、乾燥を防ぎながら行うスキンケア方法についてご紹介しましょう。

洗顔やクレンジングについて

洗顔やクレンジングは、実はスキンケアの中でもお肌の乾燥を招きやすい行為です。
そのため、洗顔フォームやクレンジング剤を選ぶ時には、なるべくお肌にやさしいマイルドな製品を選びましょう。

洗浄力が強い製品は、お肌に必要な角質や皮脂まで落としてしまうリスクがあるので要注意です。
クレンジング剤を選ぶ場合は、ミルク状やクリーム状の保湿成分を含むタイプの製品が良いでしょう。

化粧水や美容液について

お肌を保湿する役割を持つのが化粧水や美容液です。
そのため、購入する際にはなるべくお肌ヘの刺激が少ない製品を選ぶ必要があります。
たとえば、無香料で無着色のエタノールが含まれていないようなものがおすすめです。

お肌を潤す成分といわれるセラミドが含まれた美容液も、敏感肌には効果的でしょう。
他にも、お肌を保湿できる成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがあります。
ですので、そうした成分を含む化粧水や美容液を使うと良いですね。

敏感肌なら気を付けたい生活習慣の注意点とは?

敏感肌を生み出す原因としては、生活習慣の乱れも挙げられます。
なるべく食生活の偏りや睡眠不足に陥らないように注意することで、よりお肌の調子を整えることができるでしょう。

食生活の偏りにも気を付けよう

あなたは、毎日栄養バランスの整った食事を3回摂っていますか。
野菜や果物などのビタミン類が不足してはいないでしょうか。
アルコールの摂り過ぎも、お肌の調子を低下させることにつながります。

毎晩、お酒を飲み過ぎるタイプの方は、生活習慣を整える努力をしてください。
コーヒーなどのカフェインの摂りすぎも、肌荒れにつながることがあるので要注意です。

睡眠不足になってはならない

あなたは、毎晩しっかり深い睡眠をとっていますか?
お肌の細胞は、眠っている間に生まれ変わります。
そのため、睡眠時間が少なかったり、眠りが浅かったりすると肌荒れの原因にもなります。

眠りが浅くて昼間眠たくなるような方は、眠る前に静かな音楽を聴いたり、アロマテラピーをしたりすることで体をリラックスさせるようにしましょう。
パソコンやスマホの画面を眠る前に見ることも控えるのがおすすめです。

ミネラル分も多く摂れる生活習慣を作ろう

荒れたお肌の改善には、果物や野菜などのビタミン類だけでなく、ミネラル分も必要です。
実は、ミネラル分はアーモンドやピーナッツなどのナッツ類にも豊富に含まれます。

おやつ代わりにナッツ類を口にする習慣を付ければ、お肌の調子も良くなりますよ。