敏感肌に関する記事

敏感肌って何?症状はあるの?原因は?

敏感肌という言葉を良く耳にしますが、知っているようで知らない言葉でもあります。
また敏感肌は、どんな症状で何が原因か把握することが効果的な対策に繋がるため、ここでは敏感肌についてや対策方法を紹介したいと思います。

敏感肌とは?

敏感肌って何?と疑問の方も多いと思いますが、医学的に敏感肌についての定義はありません。
一般的に、洗顔料や石けん、化粧品などを使った際に、肌がチクチクしたりヒリヒリする、しみるような感覚がある、ツッパリ感があるなどが主な症状で、こういった症状があると私は敏感肌かも?と感じる傾向です。
敏感肌は目に見える症状が起こり難いため、皮膚に異常がなく刺激だけ感じる時は敏感肌の可能性が高いです。

敏感肌と乾燥肌は関係があるの?

敏感肌の方は乾燥肌にも悩んでいるケースが多く、肌のバリア機能低下という点で2つは関係しています。
肌トラブルは乾燥が主な原因で、乾燥する季節になると敏感肌の症状が強くなる場合があります。
また、ほこりや花粉などの外的刺激も敏感肌になる要因ですが、乾燥肌対策をすることが敏感肌対策に繋がります。

敏感肌の原因は?

敏感肌の原因は、肌のバリア機能低下が関係していて、肌を守る力が弱まり外的刺激を受けやすくなります。

肌のバリア機能を低下させる原因

間違ったスキンケアや生活習慣の乱れ、ストレス、紫外線、乾燥、ほこりなどは、肌のバリア機能を低下させる原因です。
肌のバリア機能について掘り下げると、天然保湿因子やセラミドなどの成分を充実させることが大切なポイントで、これらの成分が機能しないと敏感肌を招きやすくなります。

ターンオーバーの乱れも敏感肌の原因に

ターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能が低下するため敏感肌になる可能性が高く、ターンオーバーが乱れる原因は肌環境の悪化です。
その為、肌環境を整えることが敏感肌対策の一つで、環境を整えるポイントは保湿と正しいスキンケアです。
また、加齢によってもターンオーバーは遅れてくるので、エイジングサインが気になる方はエイジングケアも踏まえた対策が理想的です。
ただ、アレルギーなどの皮膚疾患がある方は、疾患が原因で肌が敏感になっている可能性もあるので、アレルギー体質の方は皮膚科への受診をおすすめします。

敏感肌対策はどうしたらいいの?

敏感肌対策は、肌のバリア機能を高めることが大切なポイントのため、保湿ケアに特化したスキンケアが理想的です。
また、正しいスキンケアも敏感肌の対策には必要不可欠なだけに、トータル的な対策がおすすめです。

一つだけの対策は不十分!

敏感肌対策で化粧水だけ肌にやさしい商品を使う場合、使わないよりは効果的ですが、洗顔による刺激も考慮する必要があります。
更に、化粧水後の美容液やクリームもポイントになるので、敏感肌は一つだけの対策ではなくトータルケアが理想的です。
敏感肌の方が避けたいスキンケアは、肌に刺激がある化粧品を使う対策で、美容成分が豊富でも肌に与える負担があると十分な効果は期待できません。

スキンケア商品選びが大切!

敏感肌対策をする場合は、肌にやさしい商品を選ぶことが大切なポイントで、保湿機能が高いタイプほど効果的です。
その為、価格だけに着目した化粧品選びや美容成分が豊富だからという理由で選ぶ方法は避けたいところで、1番ベストな敏感肌化粧品選びの方法は敏感肌に特化した商品かという点です。

敏感肌対策に理想的な化粧品を使い、生活習慣や食生活などを見直すことが効果的な対策に繋がります。

まとめ

敏感肌の原因は乾燥とも言えるので、保湿ケアは敏感肌対策の基本です。
肌に潤いを与えるには、洗顔や化粧水、クリームなど一貫した対策が理想的なため、高保湿の上に一貫しやすいディセンシア 化粧品を利用するケアがおすすめです。