敏感肌に関する記事

敏感肌はなおす方法はあるの?

敏感肌だと化粧品でピリピリしたり、赤くかぶれてしまったりなど、スキンケアも大変ですよね。そんな敏感肌を治したいと思っている人も多いのではないでしょうか。敏感肌は治るのかな?と疑問に感じている人のために、原因や改善方法、お勧め化粧品などを紹介しましょう。

敏感肌になってしまう原因とは?

生まれつきの敏感肌だという人ももちろんいますが、ほとんどの人が後天的なものなんです。原因がいくつかあり、それを取り除いて正しいケアをしていくだけで、敏感肌も改善してくれます。

間違ったスキンケア

毎日当たり前のようにやっているスキンケアが間違っていて、肌に刺激を与え続けると敏感肌になってしまいます。クレンジングや洗顔でのゴシゴシ洗いや保湿不足、化粧水などのつけ方が間違っている場合がありますね。

外部からの刺激による影響

紫外線や花粉など、外部の刺激から肌を守るケアをしてあげないと、敏感肌になってしまいます。肌の保護力が低下してしまって、異物が肌に入り込みやすくなって過敏に反応してしまうからなんです。

生活習慣の乱れ

肌も体の一部ですから、生活習慣が乱れていると影響を受けてしまいますね。食生活の乱れで栄養不足だと肌荒れしやすいですし、睡眠不足だと肌がちゃんと回復できずにバリア機能も回復できません。肌の水分や外部の刺激から肌を守れなくなって、敏感肌になってしまいます。

敏感肌を改善するためのスキンケアのポイント

敏感肌を少しでも早く治したいなら、生活習慣を整えながら正しいスキンケアをするのが大事ですね。スキンケア次第では肌が元気になってくれて、刺激から守れる強い肌へと変化してきます。

落とすケアは優しく丁寧に

スキンケアの中でも、クレンジングや洗顔など汚れを落とすケアが一番肌に負担がかかり、敏感肌になりやすいんです。バリア機能を傷つけないことを心がけて、ゴシゴシこすったり力を入れて汚れを落とさないようにしましょう。できるだけ刺激の少ないクレンジング剤や洗顔料を使うのも大事ですね。

化粧水はコットンでなく手でつける

化粧水はコットンでパッティングするのではなく、手で優しくなじませながらつけてあげましょう。コットンの繊維が肌を傷つけてしまって、敏感肌を悪化させてしまいます。化粧水をこすって広げるのではなく、ハンドプッシュで入れ込むようにつけてあげるのがコツです。

保湿力を上げて肌を乾燥させない

バリア機能を回復させるためには、肌を乾燥させないのが重要ですね。それに欠かせないのが保湿で、肌の水分を逃がさず、外部刺激から保護するパワーを高めてくれます。保湿の3大成分セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が入った化粧品で、しっかり潤いを守るようにしましょう。

ディセンシアで正しいスキンケアを始めよう

敏感肌は正しいケアを続けていけば、だんだんと回復してくれます。そのためにも、効果的な化粧品を使って、毎日のスキンケアから見直していきましょう。どんな効果があるのかディセンシアシリーズの化粧品を使ってみるのがおすすめです。