敏感肌に関する記事

敏感肌の人に気を付けてほしい化粧品の選び方!

敏感肌の人は、化粧品選びを間違えると肌のトラブルを招く可能性が高いので、化粧品選びはとても大切です。
ただ、どんな化粧品が良いの?と疑問の方も多く、自分に合った商品を選ぶのは難しいところです。
そこで、敏感肌の人に気を付けてほしい化粧品の選び方について紹介します。

敏感肌の人が避けたい化粧品とは?

敏感肌の人に気を付けてほしい化粧品の選び方でポイントになるのは、避けたい成分の有無についてです。
色々な美容成分が配合された化粧品でも、肌に刺激を与える成分が含まれていたら十分な効果は期待できません。

アルコール系成分無添加が理想的!

化粧品は、アルコール系成分を配合しているケースが多く、敏感肌の人にとって刺激物質になります。
エタノールが含まれている化粧水を塗ると、ヒリヒリするケースもありますが、この刺激は敏感肌の悪化に繋がります。
更に、アルコール系成分は乾燥と共に肌の水分を奪うため、敏感肌の人は避けたい成分です。
その為、敏感肌の人が化粧品を選ぶ際はアルコール系成分に着目することが大切で、少量配合より無添加が理想的です。

色々な成分が配合されたタイプ

化粧品によっては、色々な成分が豊富に配合されているケースもあり、これなら敏感肌に良いかも!と購入する方も多いと思います。
しかし、成分が豊富だと肌に刺激を与えるリスクが高くなるので、なるべくならシンプルタイプが理想的です。
例えば、オーガニックオイル配合と聞いた場合、肌に優しそうだから敏感肌にもいいかも?と思いがちですが、複数の成分とオイルが肌に刺激を与える可能性もあります。

シンプルがベスト!

敏感肌を何とかしたい方は、色々な化粧品を用意して毎日のスキンケアに使いがちですが、過度なスキンケアは敏感肌の悪化に繋がります。
複数の化粧品を使うとその分肌に触れる機会が増えるので、知らず知らず肌を酷使することになります。
また、肌に刺激を与え過ぎるとシミやシワの原因にも繋がるため、特に敏感肌の方はシンプルスキンケアが理想的です。

敏感肌の人に合う化粧品の選び方は?

敏感肌の人に合う化粧品選びは、敏感肌の原因を考慮することがポイントです。
敏感肌は肌の乾燥が主な原因で、乾燥によってバリア機能が低くなり外的刺激を受けやすくなります。
その為、バリア機能を高める成分を配合した化粧品が理想的で、浸透性に優れたタイプほど効果が期待できます。

バリア機能を高める成分とは?

肌のバリア機能を高めるには、細胞間脂質の大半を占めるセラミドが鍵になるため、浸透性の高いセラミドを配合した化粧品がおすすめです。また、角質層を潤す天然保湿因子も大切な成分のため、アミノ酸を配合したタイプが理想的です。

保湿にこだわった選び方で!

敏感肌の人に合う化粧品は、保湿にこだわった選び方が大切なポイントで、肌の状態が悪い時ほど他の成分を配合したタイプは避けたいところです。例えば、敏感肌が気になるけど肌のくすみやシミも気になるという場合、保湿成分と美白成分を配合した化粧品を選ぶケースもあります。

しかし、美白成分によっては敏感肌を悪化させる可能性もあるので、肌の状態が気になる時は保湿成分だけに絞り込む選び方が理想的です。

敏感肌専門ブランドがおすすめ!

敏感肌の人が化粧品を選ぶ場合、敏感肌でも使える商品を探しますが、その際は色々な事を気を付ける必要があり中々大変です。
しかし、敏感肌専門ブランドの化粧品を選べば、敏感肌でも使えるというより、敏感肌だからこそピッタリという最適な選び方ができます。

敏感肌専門ブランドのおすすめは?

敏感肌専門ブランドのおすすめは、ディセンシアのつつむ化粧品です。つつむ化粧品は、敏感肌や乾燥肌の人に特化した配合成分になっているので、余計な成分は一切使用されていません。

更に、肌のバリア機能に着目した成分構成になっているため、ヒト型ナノセラミドや肌の保湿に必要な5種類のアミノ酸も配合されています。つつむ化粧水のヒト型ナノセラミドは、人体と同じ構造を持っている保湿成分で、潤いが肌の奥まで浸透して保水機能を高める効果が期待できます。

また、敏感肌の人にとって避けたいアルコール系成分を配合していないので、毎日安心して使用できます。

まとめ

敏感肌の人に気を付けてほしい化粧品の選び方は、シンプルを意識するという点で、保湿成分に着目する選び方がおすすめです。つつむシリーズの化粧品は、敏感肌の人が多数愛用していて、潤いの効果に対する評価が極めて高くなっています。

その為、自分に合った敏感肌用化粧品が見つからない!という方にも、ディセンシアのつつむ化粧品はおすすめです。