敏感肌に関する記事

敏感肌のクレンジング方法

肌の刺激に弱い敏感肌は、メイクを落とすクレンジングにも気を使わないといけません。
汚れが肌に残ったままだとニキビや肌荒れを起こしますし、洗浄力が強すぎると乾燥や炎症などを起こしてしまいます。
そんな敏感肌のクレンジング方法とおすすめ化粧品つつむを紹介しましょう。

適度な洗浄力のクリームクレンジング

メイクがスルっと落ちるオイルクレンジングは界面活性剤がたくさん含まれていて、肌に必要な潤いまで落としてしまいます。敏感肌の場合、一番避けないといけないのが刺激と乾燥です。まずは、肌を傷めないクレンジング剤を選ばないといけません。

適度な洗浄力のあるクリームクレンジングなら、潤いを必要以上に奪わないので肌トラブルが起きにくいです。クリームのクッション性や弾力がありますから、肌と手の摩擦まで防げてしまいます。まさに敏感肌にぴったりなクレンジング剤のタイプですね。

肌に負担をかけないクレンジング方法

落とすケアは肌に負担がかかりやすいですから、優しく肌をいたわるようなクレンジングをしましょう。

ポイントメイクは専用リムーバーで

アイメイクなどは普通のクレンジングでは落としにくいですから、あらかじめ専用のリムーバーで落としておきましょう。
目元や口元はデリケートですから、他の部分よりも気をつけてクレンジングしましょう。

適量のクレンジングを肌になじませる

クレンジングの種類によって適量は違っていますから、説明書をよく読んで適量を手のひらに取り出します。
少しずつ肌になじませながらクルクルとメイクを浮かせていきましょう。
敏感肌に摩擦は厳禁ですから、クレンジングの弾力を生かして指を滑らせるようにメイクオフしていきます。

ぬるま湯で丁寧にすすぐ

水ではメイクが落ちませんし、熱すぎるお湯だと皮脂が奪われてしまいます。
32度くらいのぬるま湯で丁寧にすすいであげましょう。
水分で角質の結合が弱まりやすく傷つきやすいですから、決してこすらず優しくすすぐのがコツです。

敏感肌向けディセンシアで予防しよう

敏感肌専門ブランドのディセンシアの化粧品シリーズで、しっかりと肌の潤いを守ってくれます。
肌のバリア機能をしっかり守りながら保湿してくれて、外部の刺激から肌を保護してくれます。
肌にたっぷりと潤いをチャージしてくれて、バリア機能をサポートして肌荒れなどを防いでくれます。
保湿力を高める美容成分が肌の奥まで浸透するように工夫されていて、肌コンディションを整えてくれます。