敏感肌に関する記事

敏感肌とアトピー肌の違いはあるの?

多くの女性がお悩みとして日常的に抱える問題が肌トラブル。

そんなお肌のお悩みとして敏感肌とアトピー肌がありますが、今回は二つのお肌について詳しくお教えいたします。

敏感肌とは

まずは敏感肌について説明していきます。美容用品を購入する際や、化粧品売場などで自分の肌質のことを説明する時や、女性同士の日常の会話の中でもよく使われる「敏感肌」という言葉。

特に意識しないで普段使っているこの言葉なんですが、実は「敏感肌」は医学用語にはありません。つまり正式な定義というものはない言葉なんです。肌荒れやトラブルなどで、皮膚科などで受診した際に、「あなたは敏感肌てすね。」と診断されることはありません。

「敏感肌」というものは、日常用語であり、スキンケア用品や化粧品などの美容用品や衣類などの材質などの影響による、かぶれや痒みの症状などを表すのが「敏感肌」と呼ぶようでになっただけで、非常に曖昧な言葉なんです。つまり、定義が曖昧だけに捉え方も様々となります。

アトピー性皮膚炎のことを敏感肌と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、意味的には全く異なります。敏感肌とは、デリケートな肌質のことを抽象的に表している言葉だと認識してください。

アトピー肌とは

では、次に「アトピー肌」について触れていきましょう。アトピー肌とは、アトピー性皮膚炎のことです。つまり皮膚が炎症を起こした状態のわけですから、毎日のスキンケアというよりも、しっかりとした治療が必要になります。

アトピーのそもそもの意味は、「奇妙な」とか「異常な」という意味です。ギリシャ語の「atopia」が語源となっています。実は「アトピー」と名付けられているのは、アトピー性皮膚炎が、現代医学ではまだ解明されていないのです。「アトピー」という言葉も、よく聞く言葉ですが、実は今だに「原因不明」の皮膚炎なんです。

はっきりとは原因はわかってませんので、個人により理由も様々です。一般的な発症原因としては、外的要因や内的要因のどちらのケースもあるようです。具体的には次のようなこととなります。

外的要因 内的要因
化粧品 遺伝
洗剤 ストレス
石鹸 寝不足
乾燥 不規則な食生活
ダニ
ホコリ

敏感肌とアトピー肌の違いって何?

女性は、毎日の身だしなみとしてメイクすることから、肌トラブルによりメイクができなかったり、お化粧のノリが悪かったりなど、日々のお肌のコンディションによっても生活が左右されるものです。

お肌の調子が悪いだけで、女性はその日のテンションや気分にも左右されます。やはり、肌トラブルなどがなくいつでも健康的て、見た目にもハリがあり美しいお肌を誰もが望むのは正直なところでしょう。

しかし、お肌というのは体質によっても個人差があります。

「普段から肌がムズムズと痒い感じがする。」

「化粧水やファンデーションなどメイクによる肌荒れや、肌トラブルになりやすい。」

このようなお悩みを日々抱える方は、いらっしゃるのではないでしょうか。女性ならどんな方にも少なからずお肌のお悩みはお持ちでしょう。どんなにきれいな方でも年齢を重ねるにつれ、お肌のお悩みは、どうしても増えてくるものです。特に痒みやかぶれなどの肌トラブルは非常に厄介なものです。

それらの原因としてあるのが「肌質」によるものです。「肌質」は、生まれ持ってのものや、食生活や生活習慣によっても左右されます。肌質は個人により違いはありますが、デリケートな肌質と感じる方ほど肌トラブルなどの症状になりやすいのです。

自分のお肌は、デリケートな肌質だと認識している女性の中には、「自分は敏感肌」だと思っている方が多くいらっしゃると思います。

言葉として普段、何気なく使っているこの「敏感肌」。この意味をしっかりと理解している方は、どれくらいいるのでしょうか?実は自分は「敏感肌」だと思い込んでいるだけで、本当は違うということもあります。

実は敏感肌ではなく、アトピー肌(アトピー性皮膚炎)なのかもしれません。思い込みというのは、実は危険なことなんです。しっかりと自分の肌質を理解しなければ、対処法も異なります。自分は敏感肌と思っていても、実はアトピー肌だったとすれば、いくら毎日ケアをしていても対処法が間違っていれば肌も改善されません。

その為、自分の肌質をしっかりと理解し、それなりの対応をする必要があります。

勘違いや自己判断には、間違いがつきものです。そうした勘違いの中には、「アトピー」と聞くと、アトピーは生まれつきのものだと思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

実は最近では、大人になってから急に発症する場合もあるんです。これを「成人型アトピー性皮膚炎」と言います。つまり、自分は敏感肌だと思い込んでいても、実際はアトピー肌だったなんてこともあり得ます。自分がアトピーだと認識しておらず、知らないうちになっていることもあります。

敏感肌とアトピー肌、似ているようでも実際は違います。まずはその違いをしっかりと理解することが大切になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、敏感肌とアトピー肌の違いについて、詳しく説明しました。

デリケートなお肌でお悩みの方におすすめなのが、ディセンシアシリーズの化粧品です。低刺激でありながら高い保湿効果がネットでも高い評価があり、リピーターなども大変多いんです。敏感肌ケアに徹底した美容液のようなコクと浸透力が特徴のアイテムです。

敏感肌、アトピー肌でお悩みのかたには、ぜひおすすめです。