敏感肌に関する記事

アレルギー性敏感肌とは ?おすすめの化粧品はあるの?

化粧品を使うとピリピリしたり、赤みが出たりしたことはありませんか。
「私って敏感肌かも?」と不安に感じますよね。
よく敏感肌という言葉は使われていますが、実は敏感肌には医学的には明確な定義はないんです。
肌トラブルを起こしやすい人や、アトピー性皮膚炎の人までまとめて指しています。
敏感肌にはどんな種類があるのか、お手入れ方法はどうしたらいいのか説明していきます。

敏感肌の種類と改善方法

敏感肌は、原因によって対処するべき方法が変わってきます。

生活環境が原因の場合

睡眠不足やストレス、栄養バランスの崩れなどが原因で敏感肌になることがあります。
飲み会続きでニキビができたり、睡眠不足で肌がカサついたり。
生活習慣の乱れに心当たりはありませんか。
肌のターンオーバーが乱れていてバリア機能が低下しているので、環境を改善させながら、できるだけ肌に負担をかけないスキンケアを心がけることが大事です。

アレルギー反応が原因の場合

化粧品の成分やダニ、金属などにアレルギー反応を起こしている場合もあります。
免疫機能が過剰に反応していて自らを傷つけているのが原因。
アレルギーが原因の場合は、どの物質にアレルギー反応を起こしているのかを知るのが大事です。
自分で特定するのは難しいので、専門医を訪れてアレルギー検査を受けましょう。
皮膚科の中でもアレルギー科の専門医だと安心ですね。
アレルギー物質を避けることで、肌状態の改善が目指せます。

アトピー性皮膚炎が原因の場合

アトピー性皮膚炎で、極度の乾燥やかゆみ、赤みが出ている人は、専門医のもとで治療を行いましょう。
症状の重さにもよりますが、自分で対処するのは難しいです。
家族にアレルギー疾患があると起こりやすいと言われていますが、環境によっても引き起こされることもあります。
このタイプの人は体質的にバリア機能が弱いため、刺激に弱く、肌にトラブルを抱えがち。
かゆみが出ると我慢できずに手でかいてしまい、さらに皮膚組織が破壊されます。
自分で症状を悪化させてしまう前に、医師の診察を受けましょう。
病院では症状に合わせて飲み薬や塗り薬での治療が行われます。

アレルギー性敏感肌のスキンケア方法

アレルギー性敏感肌のスキンケア方法

生活環境が原因の場合は、ライフスタイルの見直しで改善できる可能性が高いですが、もともと肌が弱いアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎は改善に時間がかかります。
症状が重い場合は医師の指導で内服薬・外用薬での治療を受けますが、それと同時に肌のバリア機能を高めるスキンケア方法が重要になります。
スキンケアは以下の3点に気を付けて行いましょう。

自分の肌に合う化粧品選び

商品に記載されている成分をチェックして、自分の肌に合う化粧品を選ぶことが大事です。
肌を保湿させるために使用した化粧品が逆に肌荒れの原因になっているケースがあります。
アレルギー検査で陽性反応が出た成分を避けるのは当然ですが、その他にもアルコールや香料なども敏感肌の人が気をつけたい成分です。
「敏感肌用」と書かれているブランドは低刺激性の処方となっていますが、全ての人がトラブルなく使えるわけではありません。
購入前はサンプルやトライアルセットを使って、問題なく使えるかチェックしましょう。

ポーラ・オルビスグループの敏感肌用ブランド「ディセンシア」シリーズは、アルコール不使用、香料不使用、紫外線吸収剤不使用と刺激になるものを排除して作られています。サエルアヤナスつつむのトライアルセットが用意されているので、気になる人は試してみてください。

指示通りに正しく使う

化粧品は指示された通りに正しく使わないときちんと効果を出すことができません。
使用量や使う順番など、説明書で確認をして正しく使いましょう。
高い化粧品を買ってもったいないからと量をケチってしまい、使用量が足りていない人が多くいます。
これでは良い化粧品であっても効果が発揮できません。
無理なく続けられる化粧品を選ぶのも、一つのポイントです。
ちなみに2倍の量を使ったからといって、スキンケア効果も2倍になるわけではありません。
逆に油分過多になって、ニキビなどのトラブルの原因になることも。
指示を守って使用しましょうね。

クレンジング・洗顔を軽く考えない

敏感肌の人は肌を保湿させようと、できるだけ高保湿の化粧水やクリームを使用しようとする人が多く見られます。
水分や油分を補給させる「与える」ケアも大事ですが、それよりも、クレンジングや洗顔といった「落とす」ケアに重点を置くようにしましょう。
洗浄力が強いクレンジングや洗顔を使っていては、いくら保湿させても肌に必要な水分や油分を落としてしまいます。
適度な洗浄力の商品を使い、肌を労りながら清潔な肌作りをしましょう。

まとめ

まとめ

敏感肌のタイプと対策方法についてみてきました。
ストレスなどの要因で起きる敏感肌と、アレルギーで起こる敏感肌は対策方法が変わってきます。
自分の肌状態を見極めて、生活習慣やスキンケア方法を見直してくださいね。