敏感肌に関する記事

敏感肌の花粉の予防方法

あなたがもし敏感肌なら、花粉の舞う時期にはよく注意する必要があります。デリケートなお肌に花粉がくっつくと、花粉皮膚炎などの症状が出ることがあるからです。また、花粉症であることを自覚していない方も多くいるようです。

ここでは、敏感肌の方のための花粉の予防方法についてお伝えします。

敏感肌なら花粉皮膚炎に注意しよう!

あなたが敏感肌なら、花粉が舞う冬から春の時期には注意が必要です。花粉がお肌に密着することにより、「花粉皮膚炎」になることがあるからです。たとえば、スギ花粉は2月~4月頃に風に乗って飛び散ります。

そのため、花粉の影響を受けない対策をしておくことが重要です。花粉皮膚炎になると、お肌にうっすらと赤みが出たり、チリチリするかゆみが出たりしてしまいます。特に、普段露出している首やあご、頬骨などにそのような症状が出てくることが多いので気を付けましょう。

特に敏感肌ではない方も、寒さの厳しい冬の時期を乗り越えたお肌はデリケートな状態になっています。花粉症や花粉皮膚炎への対策は、できればしておいた方がいいでしょう。

お肌のバリア機能を高く保つことが大切

花粉皮膚炎は、お肌のバリア機能が低くなった時に起こりやすいのです。それは、皮膚のガードが甘くなるため、アレルゲンや花粉が皮膚に浸入しやすくなるためです。

お肌のバリア機能を高く保ちたいなら、一日に2回朝と夕方には化粧水や美容液でしっかりとお肌を保湿しましょう。毎日のスキンケア習慣は、あなたのお肌を健康的に保つことにつながります。

スキンケアを面倒くさがる女性もたまにいますが、美しいお肌を手に入れるためにはこまめなお肌のお手入れが大切です。お肌が乾燥しないようによく注意することにより、花粉の悪い影響も防げます。

外出から帰ったらやさしく洗顔しよう!

花粉がお肌にくっつく可能性のある季節は、外出から帰った後すぐに洗顔する人もいるでしょう。しかし、ゴシゴシと擦りながら洗ったりすれば、却ってお肌が傷ついてしまうこともあるので要注意です。

できれば、刺激の少ない洗顔フォームやクレンジング剤を使いましょう。やさしくお肌を洗うためには、泡立てネットを使って洗顔フォームを泡立て、その泡を利用して洗顔するのもおすすめです。

多くの泡を作るのは難しいと感じる方もいるかもしれませんが、泡立てネットを使えばわりと簡単に多くの泡を作り出すことができます。

洗顔を終えたら、すぐに化粧水などで保湿してください。花粉をシャットアウトする生活習慣を付けることが、肌荒れなどの予防にも役立つでしょう。

花粉が直接お肌に触れないようにする対策を!

花粉が舞いやすい季節には、マスクや眼鏡を使って外出するのがおすすめです。最近では、アレルギーを防ぐためのスプレーも販売されているので、そうした製品を役立てましょう。

実は、髪の毛にも花粉が付着しやすいので、帽子を被るなどして対策を行う必要があります。花粉皮膚炎や肌荒れにならないように、敏感肌の方は細心の注意を払いましょう。