敏感肌に関する記事

敏感肌には無添加化粧品がいいの?

無添加化粧品といえば、お肌に良くて安全というイメージがありますよね。しかし、本当に無添加で安心できる化粧品は、少ないのが現状です。あなたの使っているその製品は、果たして本当に大丈夫ですか?ここでは、そんな無添加化粧品のことについてお伝えしましょう。

無添加化粧品が敏感肌にいいって本当?

無添加化粧品なら敏感肌にもやさしい、そう思い込んでいませんか。確かに、無添加と聞くとそれだけで安心できるような雰囲気があります。それは、やはり有害な成分が添加されていないと思うからでしょう。

しかし、本当に重要なのは、どんな成分が添加されていないのかなのです。消費者の一人でしかない私たちには、化粧品に使われている成分がどのような成分なのかを、明確には判断できません。

もしかしたら、添加された方が安心な成分が無添加になっているかもしれません。それを考えれば、単純に無添加化粧品だから敏感肌にも良いとは断言できないでしょう。

パラベンフリーの落とし穴

パラベンという防腐剤がお肌に有害だと聞いたことはありませんか。そのため、パラベンフリーという言葉もよく使われるようになりました。近年の無添加化粧品では、パラベンを使っていないことが多いのです。

しかし、防腐剤を使っていないと、当然その化粧品は腐りやすくなります。既に腐ってしまった美容クリームやローションをお肌に塗ることにはリスクが伴います。実は、パラベンは防腐剤の中ではもっとも安全性の高い成分ともいわれているのです。
その事実を踏まえれば、パラベンフリーだから安全な化粧品であるとは明言できませんよね。

無添加化粧品のメリット・デメリット

では、無添加化粧品にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここでは、それを敏感肌の状態とも絡めてご紹介しましょう。

無添加化粧品のメリットとは?

スキンケア化粧品の場合、毎日のようにお手入れしていくものですよね。実際のところ、着色料や香料などの人工添加物が混入したスキンケア化粧品を使うことで、敏感肌を刺激してしまうことはよくあります。

そのため、やはりスキンケアには無添加化粧品を選んだ方が無難でしょう。ただし、無添加を謳っていても本当には無添加でない製品も多いので要注意です。

使っている化粧品が本当に無添加で安全な製品なのかは、購入前にしっかりチェックして調べる必要がありますね。

無添加化粧品のデメリットとは?

無添加の化粧品には、天然由来の成分が多く使われています。そうなると、どうしても価格の方は高くなりがちです。普通なら合成添加物を使って安価にできる部分をそうしないのだから、これは当然のことでしょう。

もし、安いのに無添加を謳っている製品があれば、本当は無添加ではない可能性もあります。単に、着色料や香料を使用していないだけでも、無添加を謳っている化粧品もあるのです。あなたが敏感肌の持ち主なら、そのような偽りの無添加化粧品を購入しないように気を付けましょう。

無添加であればすべて安心なわけではない

「無添加」という文字ばかりを頼りにして化粧品選びをしてはいけません。化粧品を選ぶ際には、きちんと自分の目で安心できる製品かどうかを確かめましょう。